創業融資とは

創業融資とは、自己資金のみで事業資金を賄うことができないため、公的な金融機関や自治体から受ける融資のことをいいます。
また創業して間もない事業主が受けられる融資制度もあります。

創業融資を受ける際のポイント

創業融資の実行については、十分な準備が必要です。
日本政策金融公庫などからの融資の場合、必要な書類の作成、融資の面談等があり、その審査も厳しいという現実があるからです。

日本政策金融公庫などでの創業融資を受ける場合のポイントは、以下の2つです。

  • 1.書類審査
  • 2.融資面談

書類審査については、提出が求められる「創業計画書」の巧拙がポイントとなります。
融資面談については、前述の「創業計画書」にもとづいた面接をいかに対処するかがポイントになります。

創業融資はお金のプロにお任せください

創業融資はビジネスローンなどと比べますと、融資実行までのハードルは高いといえます。
但し、創業融資は申し込むだけのメリットもあることは事実です。
返済期間や低利などがその一例です。

創業準備中または創業間もない事業主の皆さんは販路の拡大など、売り上げに直結する仕事で手がいっぱいになっていることが往々にしてあります。

そのような時、中途半端に創業融資を申し込むと後悔することになります。

なぜなら一度、創業融資の審査に落ちると、概ね半年程度の期間をおかないと、再度融資を申し込むことが難しいからです。

創業したての企業で半年以上も資金がショートするとその後に成長もおぼつきません。

そこで創業融資という貴重なワンチャンスをしっかりものにするために、ぜひお金のプロである相原聡税理士事務所にご相談ください。

皆様に合った創業融資制度をご紹介致します。

主な神奈川県や茅ヶ崎、藤沢の創業等融資制度

日本政策金融公庫の新創業融資支援

日本政策金融公庫では、新たに事業を始める事業主様や事業を開始して間もない事業主様に無担保及び無保証人で創業資金を融資する「新創業融資制度」を用意しております。

●融資限度額:3,000万円(うち運転資金1,500万円)

詳しくはこちら

神奈川県中小企業制度融資

神奈川県と金融機関及び神奈川県信用保証協会の三者が協調して、中小企業の皆さまが神奈川県内で行う事業に必要な資金を円滑に調達できるよう融資する制度です。
神奈川県が金融機関の貸付原資の一部を預託することで、低金利の融資を実現しています。

詳しくはこちら

茅ヶ崎市中小企業融資制度

茅ヶ崎市内の中小企業の経営基盤の確立と経営の近代化を促進し、中小企業の健全な発展を支援するため、茅ヶ崎市が金融機関と協調して「茅ヶ崎市中小企業融資制度」を実施しています。
茅ヶ崎市内に事業所を有し、1年以上継続して同一事業を営んでいる方や茅ヶ崎市税を完納し、必要な申告義務を完了している方が対象になります。

詳しくはこちら

藤沢市中小企業融資制度

藤沢市中小企業融資制度は、藤沢市内の中小企業の振興と経営の安定を図るために藤沢市が取扱金融機関に一定の資金を預託し、低金利・固定金利で融資を行う制度です。
本融資制度を利用できるのは、藤沢市内に主たる事業所を有し、藤沢市内において既に事業を行っている事業主で、市税の滞納がなく、必要な申告義務を怠っていないことが条件です。

詳しくはこちら

創業融資を受けるまでの流れ

ここでは創業融資を受ける場合の一般的な流れをご紹介致します。
実際にご相談いただいてから、融資実行までにかかる時間は平均で3ヶ月程です。
融資計画書の作成や各種書類手配などで融資実行までの変わることがありますので、ご了承願います。

STEP.1 相談(メール、電話)

専門の相談員が、相談を承ります。
お気軽にお問合せ下さい。

STEP.2 面談

お越しいただくか、お伺いして、詳しい内容をご説明します。

STEP.3 各種手配

必要な書類の準備や申請の各種手配をします。

STEP.4 申し込み

融資の申し込みをお手伝いいたします。

STEP.5 融資実行

審査が通れば融資が実行されます。