医療法人とは

医療法人とは、医療法の規定に基づき、「医師もしくは歯科医師が常勤勤務する病院または診療所、もしくは老人保健施設を開設・所有を目的とする法人」を言います。

医療法により“社団”および“財団”の2種類が認められており、設立にあたっては都道府県知事の認可を受けることが必要となります。

基金拠出型医療法人について

医療法改正によって、医療法人の非営利性が徹底され、今後新規に設立できる医療法人として、持分定めの無い医療法人である“基金拠出型医療法人”が制度化されました。
「基金」とは、社団医療法人に拠出された金銭その他の財産であって、その医療法人が拠出者に対して、定款の定めるところに従って返還義務を負い、余剰金の分配を目的としない医療法人の基本的性格を維持しながら、その活動の原資となる資金を調達し、その財産的基礎の維持を図るためのものです。
そして、医療法改正後に設立された医療法人は、ほとんどがこの“基金拠出型医療法人”です。

医療法人を設立する目的

“医療法人”とは、下記2つの目的のもとに創設された法人です。

1.個人による診療所経営継続の困難を解消し、医療の永続性を確保(医療の安定的普及)
2.資金の集積を容易にし、家計と診療所経営を分離することにより医療機関の合理的な運営

医療は、生命および身体の安全に直接関わってくるため、営利企業に委ねるのは適当ではないと判断されました。
そのため、医療法人は営利目的で経営することが医療法によって禁じられており、株式会社のような剰余金の配当も禁止されています。この“非営利性”が医療法人の最大の特徴と言えます。