医療法人設立の流れ

1.ご相談とヒアリング

初回のご相談は無料です。医療法人の設立に関しての疑問をなんなりとお聞きください。
その中で、医院の現状や先生の考え方をお伺いし、医療法人について知っておきたい知識をお伝え致します。

2.医療法人設立シミュレーション

先生のリタイアメントプランに応じたオリジナル医療法人設立のシミュレーションを行い、設立によってどれくらい節税上のメリットが出るのかをご提示致します。

3.ご契約

メリットがはっきりして、弊社での法人設立代行をご決定いただいた段階で、ご契約となります。

4.医療法人設立に関する書類作成

医療法人設立にあたり、院長先生にお決め頂くことがいくつかございますので、そのお打ち合わせを致します。
その後、医療法人の許認可申請書を作成していきます。

5.許認可申請書の提出

県庁へ「設立許可申請書及び各種添付書類」を提出します。

6.設立許可申請書の審査

提出した設立許認可申請書をもとに、ヒアリングがあります。
ヒアリングには当事務所のスタッフがご同席させて頂きます。またその後、審議会が実施されます。

7.設立許可書交付

医療法人設立認可書及び許可証明書が交付されます。

8.医療法人設立登記申請

医療法人認可の日から2週間以内に、管轄の法務局において、医療法人の設立登記を行います。

9.診療所開設許可申請

保健所に、法人による診療所開設許可申請、個人開設の診療所廃止届、法人による診療所開設届、X線装置廃止、設置届の書類を作成、提出します。
※X線装置廃止届、設置届につきましては、業者の方に書類作成をご依頼頂く必要がございます。

10.保健医療機関指定申請

保健所の申請と同時に、厚生局へ保険医療機関廃止届、法人による保険医療機関指定申請書、診療科の施設基準に係る届出書の書類を作成、提出します。